SD、SDHC、SDXC、SDUCのデータ容量帯について

メモリ容量の互換性確認について

SDメモリカードには4種類の容量帯があり、識別のためにSD、 SDHC、SDXCまたはSDUCなどの「容量ロゴ表示」をしています。ホストデバイスによって対応可能なメモリ容量の上限が異なりますので、詳細はメーカーの取扱説明書を参照ください。簡易的な確認方法として、デバイスとカードの容量ロゴ表示の組み合わせにより使用できるかどうかが分かります。ホストデバイスには直接容量ロゴ表示がないものが多いので、その場合は取扱説明書またはメーカー情報を参照ください。

Backwards Compatibility

使用可能なホストデバイスの確認方法

-SDUCロゴのメモリーカードは、SDUCロゴ表示のあるホストデバイスでのみ使用できます。
-SDXCロゴのメモリーカードは、SDXCまたはSDUCロゴ表示のあるホストデバイスで使用できます。
-SDHCロゴのメモリーカードは、SDHC、SDXCまたは、SDUCロゴ表示のあるホストデバイスで使用できます。
-SDロゴのメモリカードは、すべてのホストデバイスで使用できます。

使用可能なメモリカード容量の確認方法

-SDUCロゴのホストデバイスは、すべての容量帯(SD、SDHC、SDXCおよびSDUC)のメモリーカードが使用できます。
-SDXCロゴのホストデバイスは、SD、SDHCおよびSDXCロゴ表示のあるメモリーカードが使用できます。
-SDHCロゴのホストデバイスは、SDおよびSDHCロゴ表示のあるメモリーカードが使用できます。
-SDロゴのホストデバイスは、SDロゴ表示のあるメモリーカードのみ使用できます。

メモリフォーマットと性能の関係について

それぞれの容量帯で使用するファイルシステムが異なりますが、SDファイルシステムは、フラッシュメモリの性能が最大限に引き出せるように設計されています。SDメモリカードは、SDファイルシステムに準拠したSDフォーマットされて出荷されていますので、SDファイルシステムをサポートするホストデバイスは、そのまま使用することができます(フォーマット不要)。オペレーティングシステムに付属している汎用のフォーマットユーティリティでフォーマットしてしまうと、最適な性能が得られないことがありますので、再フォーマットが必要な場合は、SDメモリカードフォーマッターを使用することを強く推奨します。

 

 

SDメモリカードフォーマッター