スピードクラス規格/動画撮影のための規格

SDスピードクラス/UHSスピードクラス/ビデオスピードクラス

動画撮影のための選択肢

スピードクラスには、「スピードクラス」、「UHSスピードクラス」および「ビデオスピードクラス」の3種類があります。

フラッシュメモリーなどのストレージデバイスは、一般的に書き込み速度にばらつきがあり、大きなバッファを用いることでばらつきを平均化できますが、確実性の点で不安がありました。放送・ストリーミングコンテンツなどを確実に録画し続けるには、バッファサイズや書き込み速度に対する規定が必要となります。スピードクラスは、特定の手順における特定サイズのデータの書き込み/読み出し性能を規定しています。カムコーダー、ビデオレコーダーおよびビデオ録画機能を備えたSDホスト機器は、スピードクラスに準拠した手順で書き込むとこで、SDメモリカードでの確実なビデオ録画を行うことが出来ます。

メモリ大容量化とバススピードの高速化に合わせて、スピードクラスは、「スピードクラス」、「UHSスピードクラス」および「ビデオスピードクラス」へと拡張してきました。今後は、ビデオスピードクラスに統合していくことができます。

  SD SDHC SDXC SDUC
容量 最大2GB 2GB超
最大32GB
32GB超
最大2TB
2TB超
最大128TB
ファイルシステム FAT 12, 16 FAT 32 exFAT exFAT
SD ロゴ SD SDHC SDXC SDUC
フォームファクタ SD 32 x 24 x 2.1 mm, Approx. 2g
microSD 11 x 15 x 1.0 mm, Approx. 0.5g
スピードクラス ノーマル
スピード
モード
C2, C4, C6
ハイスピード
モード
C2, C4, C6, C10,
V6, V10
UHS-I
モード
--- C2, C4, C6, C10
U1, U3
V6, V10, V30
UHS-II
モード
--- C4, C6, C10
U1, U3
V6, V10, V30, V60, V90
UHS-III
モード
--- C4, C6, C10
U1, U3
V6, V10, V30, V60, V90
SD スピードクラス一覧

SD スピードクラス一覧

ビデオ解像度

ビデオ解像度