スピードクラス規格/動画撮影のための規格

SDスピードクラス/UHSスピードクラス/ビデオスピードクラス

動画撮影のための選択肢

スピードクラスには、「スピードクラス」、「UHSスピードクラス」および「ビデオスピードクラス」の3種類があります。


フラッシュメモリーの特質として、実際の転送速度にばらつきがあります。ビデオなどのストリーミングコンテンツでは一定した書込み速度が求められるため、フラッシュメモリーの速度にばらつきがあると確実な録画に支障が出ます。スピードクラスおよびUHSスピードクラスでは、最低限の書込み能力を設定することでビデオ録画に必要な一定の速度を実現します。これにより、SD規格で定められた条件ごとの書込み動作が実行され、カムコーダー、ビデオレコーダーおよびビデオ録画機能を備えたその他のデバイスに対して一定の最低速度での書込みが保証されます。

  • スピードクラスは、C2,C4,C6,C10(DS,HSモード設定)、UHSスピードクラスは、U1,U3(UHSモード設定)、ビデオスピードクラスは、V6,V10,V30,V60,V90(HS,UHSモード設定)で表示されます。
  • 最新のビデオスピードクラスは従来のスピードクラス、UHSスピードクラス領域をカバーし、次世代の大容量メモリーと、高精細高画質映像記録撮影およびマルチファイル記録に対応する規格です。
  • スピードクラスとUHSスピードクラス、ビデオスピードクラスには互換性がありません。

 

SD スピードクラス一覧



ビデオ解像度