バスインターフェーススピード

バスインターフェーススピード

12.5MB/sのデフォルトスピードモードはSD1.0で定義され、25MB/sのハイスピードモードは、SD1.1で定義されました。しかし、デジタルカメラの連写機能は、さらに高い書き込み性能のメモリカードが必要で、SDAアソシエーションは、このソリューションとしてDHC/SDXCメモリカードのラインナップにUHS-I、UHS-IIおよびUHS-IIIのバススピードモードを追加しました。

UHS-Iモードは、第1ロウのシングルエンド信号を活用した究極的なバススピードを提供することができます。これに対しUHS-IIおよびUHS-IIIモードは、第1ロウおよび低電圧差動信号(LVDS)伝送技術による第2ロウ端子を用いて、UHS-Iよりもはるかに高いバス性能を提供できます。

UHS-IIとUHS-IIIには2つのレーンがあり、一方のレーンをダウンストリーム(ホストからカード)方向に割り当て、他方のレーンをアップストリーム(カードからホスト)方向に割り当てた動作が全二重モード(デフォルト)で、両方向にパケットを同時に転送することができます。一方のレーンをデータ転送開始前にアップストリームまたはダウンストリームどちらか同じ方向に切り替える動作が半二重モードで、バスのデータ転送性能を2倍に上げることができます(全二重で156MB/sは、半二重で312MB/s)。ただし、UHS-IIIカードで追加されたバスモード312MB/sと624MB/は、全二重のみを使用することで、PHY設計を容易化しました。

バスインター
フェース
カードタイプ バスマーク バススピード 仕様
バージョン
ノーマルスピード SD, SDHC
およびSDXC
--- 12.5MB/s 1.01
ハイスピード SD, SDHC
およびSDXC
--- 25MB/s 2.00
UHS- I SDHC
およびDXC
50MB/s
(SDR50, DDR50)
104MB/s (SDR104)
3.01
UHS- II SDHC
およびDXC
156MB/s Full Duplex
312MB/s Half Duplex
4.00
UHS- III SDHC
およびSDXC
312MB/s Full Duplex
624MB/s Full Duplex
6.00

メモリアクセスの最大性能は、バスI/F速度だけでなく、内部のメモリ性能、およびバスタイミングのオーバーヘッド(データ転送中の未使用バス時間)などによって決まります。