著作権保護

デジタルコンテンツ保護のために

SD規格に使用されている記録メディア向けコンテンツ保護(CPRM)技術は、安全な音楽や他の商用コンテンツ流通システムを実現します。 CPRMは不正コピー防止を目的として開発され、IBM、インテル、パナソニックおよび東芝が設立したライセンス付与団体である4C Entity, LLCによって提供されています。

SDメモリカードのCPRMの特徴は以下のとおりです。

DVDでも採用されているこの保護技術は、すべてのSDカードに実装されていましたが、Ver. 6.10でオプション仕様となり、CPRM を実装していないSDカードの判別を目的として、以下のマークが新たに定義されました。

Non-CPRM