SDホストコントローラ

SDカードプロモーション用SDカードホストコントローラの紹介

What is the host controller?

SDホストコントローラVer.1.00は、SDカード(SDメモリとSDIO)を管理する標準コントローラとして2004年に策定されました。
SDホストコントローラは、モバイルデバイスだけでなくPCにも実装され、SDメモリカード市場の拡大に寄与しました。Windowsでは(挿せばそのまま使える) SDメモリカードのネイティブサポートを実現しました。このようにして、ほとんどのノートPCに標準サイズのSDカードスロットが搭載されました。

アプリケーションがSDカードにアクセスするとき、SDメモリードライバーやSDIOドライバーがSDコマンドシーケンスに変換し、 ホストコントローラドライバ(コモンバスドライバ)は、PCシステムバス(PCIe)に接続されたホストコントローラを介してSDカードにSDコマンドを送信します。 ひとつのSDホストコントローラに複数のSDスロットを実装することが可能で、これにより複数のSDカードの制御も行えます。

 

 

SDホストコントローラ拡張

 

物理仕様の機能拡張(バージョンアップ)に合わせて、SDホストコントローラ仕様も拡張してきました。 主な改善点は、より高速なSDバスモードに対応し、ダイレクトメモリアクセス(DMA)の改良により、データ転送速度を向上させたことです。

SDホストVer.2は、ページングによりシステムメモリ上の分散したデータを処理できるADMA2をサポートしました。 SDホストVer.3は、UHS-Iバスモードをサポート。 SDホストVer.4は、UHS-IIバスモード、ADMA3およびシステムメモリの64ビットアドレッシングをサポートしました。ADMA3は、ディスクリプタプログラミングにより、ホストドライバの介入なしで複数のADMA2データ転送を実行する機能です。 ホストドライバ処理はデータ転送中に行われるため、オーバーヘッドとならず、AMDA3は高効率のデータ転送を実現できます。

 

What is the host controller?

簡易版SD規格仕様書ページへ(English)