SD規格の概要

SD標準規格の紹介

SD標準規格にはSDメモリカード規格を中心として、各種データを共通に扱えるようにするアプリケーション規格、ホストデバイスの開発を支援するホストコントローラ規格、機能拡張が容易に行えるSDIO規格などがあります。 スマートフォン、デジタルカメラ、MP3プレーヤー、パソコン、タブレット、プリンタ、カーナビシステム、電子書籍など、民生用電子機器やポータブルストレージデバイスなどの複数の市場セグメントに渡る業界標準として、これらのSD規格が利用されています。例えば、メーカーはSD規格を応用したスマートフォンを提供することで、数百万のユーザーは、音楽の観賞、ビデオの録画、写真の撮影、データの保存など、更なる高機能・高性能なデジタル体験ができるようになりました。

汎用性が高く、持ち運び可能で、利便性に富んだSD規格は、
今日の市場をリードし、デジタル世界の未来と共に進化し続けます

NANDメモリ技術は驚異的な進歩を遂げ、年々指数的なメモリ容量増加を達成しています。メモリ全領域にアクセスする時間を短縮するために、メモリ容量の増加に応じてより高速なバススピードモードに拡張してきました。SDバスインターフェイスには、標準スピード、ハイスピード、およびUHS-Iの3種類のバススピードモードがあります。これらは、端子並びが1列の第1ロウを用いたバスインターフェイスを用いています。

UHS-IIおよびUHS-IIIカードは、第2ロウ端子を使用した低電圧差動信号(LVDS)伝送により、UHS-Iよりもはるかに高いバス速度を実現できます。SD Expressカードも第2ロウ端子を使用した低電圧差動信号(LVDS)伝送を行いますが、UHS-II / UHS-IIIがSD独自規格であるのに対し、SD ExpressはPCI Express規格に準拠したバスインターフェイスを採用しています。また、UHS-II / UHS-IIIおよびSD Expressカードは、第1ロウのインタフェースを使用することにより、従来SDホストデバイスとの相互運用性を維持することができます。

UHS-II and UHS-III Pin Layout

SD規格の形式

簡易版の技術仕様のダウンロード

開発者向けに、SDメモリカードの技術仕様の一部(簡易版)をダウンロードすることができます。全ての技術仕様を入手するには、 SDアソシエーションにご加入ください。

自社製品にSD規格を採用するには

新製品にSD規格の採用をお考えの場合は、以下の資料をご参照ください。
SD規格を採用するには