SD規格の概要

SD規格のご紹介

SD規格を使用することで、音楽の観賞、ビデオの録画、写真の撮影、データの保存、携帯電話を使用する数百万のユーザーのデジタル体験の向上につながる高性能の製品をメーカーは提供できるようになります。

SDは、携帯電話、デジタルカメラ、MP3プレーヤー、パソコン、タブレット、プリンタ、カーナビシステム、電子書籍などの民生用電子機器をはじめとする、ポータブルストレージ業界の複数の市場セグメントにわたって業界標準として利用されています。

汎用性が高く、持ち運び可能で、利便性に富んだSD規格は、今日の市場をリードし、デジタル世界の未来と共に進化し続けます

SDカードは、標準サイズ、miniSD、microSD の3つのフォームファクタが定義されましたが、miniSDは、microSD に置き換わりました。下記表には、近年広く幅広く使用されている2つのフォームファクタを示しています。 最初のSDカード(非UHS-IIカード)は、第1ロウにバスインターフェイスを構成する複数の端子が配置され、Default Speed, Hgih Speed, UHS-I などのバススピードモードをサポートします。第1のロウには、3.3V電源が1端子があり、標準サイズカードは合計9端子(VSS 2端子)で構成され、microSDカードは合計8端子(VSS 1端子)で構成されます。

 

上記2つのフォームファクタに対し、UHS-II バスインタフェースのために、第2ロウに複数の端子が追加されました。UHS-IIIも同じインタフェースを使用します。第2ロウに、1.8V電源が追加され、UHS-II/UHS-IIIモードを動作させるには、3.3Vと1.8Vの2電源が必要になります。

 

UHS-IIの第2ロウが定義される以前に、microSD フォームファクタに非接触通信用の2つのアンテナ端子がオプションとして定義されました。しかし、UHS-II / UHS-IIIカードの第2ロウ端子は、アンテナ端子と重なる位置に配置せざるを得ませんでした。そのため、第2ロウにアンテナ端子に代わるNFC(Near Field Communication)インターフェイス用の端子を追加し、(UHS-II / UHS-IIIでも)シングルワイヤプロトコルによる非接触通信の実装を可能にしました。

 

形状 SD microSD
サイズ SD Card SD Card
カードタイプ SD, SDHC, SDXC SD, SDHC, SDXC
物理仕様 ピン数 9 ピン(非UHS-IIカード)
+8 ピン(UHS-II と UHS-IIIカード)
8 ピン(非UHS-IIカード)
9 ピン(UHS-II と UHS-IIIカード)
動作電圧 2.7V - 3.6V(非UHS-IIカード)
VDD1:2.7v-3.6v/VDD2:1.70V-1.95V
(UHS-IIとUHS-IIIカード)
書込み
保護スイッチ
あり なし

 

NANDメモリ技術は驚異的な進歩を遂げ、(年々)指数的なメモリ容量増加を達成しています。 (メモリ全領域を)アクセスする時間を短縮するためには、メモリ容量の増加応じて、より高速なバスインタフェースが必要となります。

 

UHS-IIおよびUHS-III(カード)は、第2ロウ端子を使用した低電圧差動信号(LVDS)伝送により、UHS-Iよりもはるかに高いバス速度を実現できます。また、UHS-II / UHS-IIIカードは、第 1ロウのインタフェースを使用することにより、従来SDホストデバイスとの相互運用性を維持することができます。

 

UHS-II and UHS-III Pin Layout

SD規格の形式

簡易版の技術仕様のダウンロード

開発者向けに、SDメモリカードの技術仕様の一部(簡易版)をダウンロードすることができます。全ての技術仕様を入手するには、 SDアソシエーションにご加入ください。

自社製品にSD規格を採用するには

新製品にSD規格の採用をお考えの場合は、以下の資料をご参照ください。
SD規格を採用するには